カレンデュラのチンキ&オイル

プランターで育てているカレンデュラ(別名キンセンカ)、6月の初めごろからポツポツ咲き始め約一か月間、明るいオレンジ色から元気をもらっています。
2015062802005698d.jpg
このカレンデュラの鮮やかなオレンジ色はカロチノイド色素によるもので、これが皮膚に対してとっても役立つ成分なんですよ。

使うのは花弁の部分なので、花を摘み取り流水で丁寧に洗います。
水気を拭き取り、ざっと乾かしたら…
20150628020058558.jpg

花弁を外してさらに乾燥。
20150628020453847.jpg
カサカサとなるまでよく乾かします。


この花弁はハーブティーとして飲むこともでき、ほんのり苦味がありますが、お茶に似た飲みやすい味です。
長めに浸出して濃いハーブティーをうがいに使用することもできます。
(ハーブティーは薄い黄色で、これはフラボノイドと言う成分の色です。)


オレンジ色の成分のカロテノイドは水に溶けないのでハーブティーの中には出てきません。
カロテノイドを取り出すには、植物油やアルコールに漬け込むとOK!
20150628020227da8.jpg
右がアルコールに漬け込んだもの、左が植物油に漬け込んだものです。

漬け込んで丸1日経ったものですが、すでに液が黄色く色づいています。

植物油に漬け込んだインフューズドオイルは、アロマトリートメントのキャリアオイルとして使ったり、ミツロウと一緒に溶かしてハンドクリームやリップクリームを作ったり、石けん作りに使うことができます。

アルコールに漬け込んでできたチンキ剤は、水で希釈し湿布として使います。
(介護の肌の手入れなどに利用します。)

そのメカニズムはまだ完全には解明されていませんが、カレンディユラに含まれる成分に免疫力アップ、抗菌、抗ウィルス作用があり、荒れた皮膚、粘膜を修復、保護する働きがあると考えられています。

なおカレンデュラは、ポットマリーゴールドと呼ばれる場合がありますが、園芸種のフレンチマリーゴールドやアフリカンマリーゴールドとは別種のものですのでお間違え無く!

いろいろ役立つカレンデュラは、我が家でもよく使うメディカルハーブの一つです。(#^^#)
栽培もとても簡単なので、皆様もどうぞお試しあれ。
(ただし今年はそろそろシーズン終わりなので、来年ぜひ!)

★メディカルハーブ講座、アロマテラピー講座の、詳細は⬇︎こちら⬇︎

「SUN SHINEハーブスクール」をご覧くださいませ。

いつもランキングポイントクリックありがとうございます^-^
広島ブログにほんブログ村 健康ブログ ハーブ生活へ

更新の励みになり、大変嬉しく思っています。

Comments 2

ぽけっとラッキーママ

おはようございます。

素晴らしいですね

2015-06-29 (Mon) 06:45 | EDIT | REPLY |   

ようよう

ぽけっとラッキーママさんへ

コメントありがとうございます。^^
ほんと自然の恵み、素晴らしい効果がいっぱいですよ。

2015-06-29 (Mon) 11:42 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply