火垂るの墓

少し前に見たDVDですが、最近いろいろお出かけが多くって、ついブログにあげるのが遅れてしまいました。

このDVDをレンタルするきっかけとなったのは、「崖の上のポニョ」のパンフレット。

終わりのほうに、この「火垂るの墓」のデジタル・ニューマスターされた完全保存版が、今年8月発売と紹介されており、それを見た私の母が、

「この映画見たよ。戦争中、幼い兄妹が・・・食べるものがなくて・・・かわいそうで・・・」

と、娘にいろいろ説明して、娘もその話にちょっと興味を持ったようだったので借りてみました。
(今年発売されたデジタル・ニューマスター版ではありませんが・・・)

「ジブリ作品=トトロの仲間」といった気分で見始めた娘は、全体的に暗い雰囲気にちょっと戸惑ったようで、また「戦争」「空襲」・・・など、今まで全く知らなかったことが次々出てくるものだから、最初から最後まで「これはどういうことか?」の質問攻めで、私も少々戸惑いながらの鑑賞でした。

5歳の子に見せるにはちょっと早すぎたかな?と思いましたが、子供向けの戦闘系アニメの世界ではなく、本当に「戦争」というものでたくさんの人が死んでいったこと、食べるものがなくて死んでしまう子供がいるということなどを知るきっかけとなり、それはとても悲しいことで、この世界にあってはならないことだと心のどこかに刻んでくれればいいのですけど・・・

広島ブログ

Comments 6

マーミン

はじめまして

広島ブログからきました。

「火垂るの墓」は私も何回か観ています。
観るたびにつらくなって、涙が出てきます…
子供をもってからはなんだか観られなくて…
(4歳の息子と2歳の娘がいます)

でも、子供がもう少し大きくなったら
ぜひ観せたい作品です。
戦争が風化していくのが
一番怖いですから…

2008-09-27 (Sat) 14:34 | EDIT | REPLY |   

ようよう

マーミンさんへ

はじめまして!ようこそいらっしゃいました。^^

子供が寝たあと、一人でじっくり見ていたら、とても悲しくて、せつなくて、たまりませんでした。
小学校に入れば、平和教育もあるのでしょうが、家庭でも折に触れ、戦争について教えていくことは大切ですね。

2008-09-27 (Sat) 23:58 | EDIT | REPLY |   

まるか

せつこぉ~~♪
我が家はセリフが全部 覚えるほど観ましたよ

涙なくしては観れませんね
5才の娘には 戦争はどんなものなのか
わからないようですが お兄ちゃんの優しさは
よくわかったようです
これを観る度に 今の生活が便利で贅沢なんだなと
思いますが ・・・変えれません・・・

2008-10-01 (Wed) 10:41 | EDIT | REPLY |   

まうちゃん

こんにちは。
まだ娘には見せていませんが、いつかは見せたい作品です。
私も何度か見ましたが、本当に見るのがツライ時もあったけど、
ちゃんと見ておかなくちゃいけないと、いつも思います。

こんなに平和な世の中で暮らしている私たち
でも世界では、あのせっちゃんと同じようなくるしみを味わっている小さな子どもたちもいるんですよね・・・。

サクマのドロップスを見ると、ジ~ンとくるのは私だけかな?

2008-10-01 (Wed) 17:03 | EDIT | REPLY |   

ようよう

まるかさんへ

娘は「せつこちゃん」と、ほぼ同年代だということもあり、彼女の言動にけっこう興味を持ったようでしたね。
食べたくても食べられない苦しみもあるんだ、ということを教えたかったのですが、飽食の今の時代になかなか難しいことです。^^;

2008-10-03 (Fri) 00:41 | EDIT | REPLY |   

ようよう

まうちゃんへ

今はまだ解らなくても、いつかまた別の機会で「戦争」について触れたとき、「あっ!あの映画で・・・」と思ってくれれば良いかなと。

娘はDVDを見て以来、飴を食べる時「ドロップ♪ドロップ♪」って言ってます。^^;

2008-10-03 (Fri) 00:53 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply