アジアのミックススパイス

[広島ブログ][ハーブ生活][ハーブ園芸]
ランキングに参加してます!

ちょっと間が空いてしまいましたが、2月の「ハーバルライフを楽しもう!」でのミックススパイス作りのの様子の続きです。

今日はアジアのミックススパイスから…

まずは中国のミックススパイス「五香粉(ウーシャンフェン)」
使うスパイスはこちら…

花椒、スターアニス、フェンネル、クローブ、シナモンの五種です。
花椒とスターアニスは、前日ミルで挽いたばかりのものなので、香りがすごい!(^^)

全てを乳鉢に入れてよく混ぜ合わせます。
201603052048428d5.jpeg
辛さは花椒の割合でお好みに調節すると良いでしょう。
広島の方ならおなじみ「汁なし担々麺」の香りと辛さに欠かせないミックススパイスですよね。

これさえあれば、家でも「汁なし担々麺」が味わえるかも!


そして、日本のミックススパイスといえばこちらの材料で作る…
20160305204840d35.jpeg

20160305204840735.jpeg

2016030520484294e.jpeg
はい、七味トウガラシです。

本来は二辛五香と言って、辛味の物を2つ、香りの高いものを5つ入れるのだそうで、
辛味として、トウガラシ、山椒、香りとして陳皮、ケシの実、麻の実、青のり、ゴマの合計7つのスパイスで作る場合が多いそうですが、市販のものはユズやショウガなどが入っていたりしてメーカーによって多少材料が違っているようです。

講習では、陳皮と麻の実が手に入らなかったので、代わりにユズとショウガパウダー(前日に乾燥ジンジャーをミルで粉砕したもの)を入れて全部で7味にしました。
陳皮はミカンの皮を干したものなので、無農薬のミカンが手に入ればご自分で乾燥させてもいいかと思います。
また麻の実は、後日某デパートの食品売り場で見かけたので、よく探せば手に入ります。
(講習に間に合わなくて残念!)

出来上がったものは見た目はあまり辛そうではありませんが、結構ピリ辛…だけど香も高く美味しいです。
今回は受講された皆さんにお好きなミックススパイスを1~2種類選んで作っていただいたのですが、「七味唐辛子」が一番人気でした。
やはり日本人好みの味で、使いやすいのでしょうね。
よく出回っている七味トウガラシとは一味違った香り高いものが出来て、みなさん喜ばれていらっしゃいました。

そしてもう一つ、インドのミックススパイス「ガラムマサラ」の材料はこちら…
20160305212323e24.jpeg
講習ではカルダモン、クローブ、クミン、シナモン、ナツメグ、ブラックペッパーの6種を使いましたが、インドでは
各家庭のオリジナルのガラムマサラがあるそうで、その家庭によって入れるスパイスが違っているそうです。

このスパイスは料理の仕上げに香りや辛さを高めるために使います。

講習では選ばれた方はいらっしゃいませんでしたが、我が家では結構重宝するミックススパイスです。

カレーの仕上げに使うといつものカレーが本格的な味わいになりますよ。
市販のルーやレトルトカレーに使ってもいいと思います。
「今日は頑張って作ったね!」って家族に絶賛されるかも!?

肉のソテーや魚のムニエルに使ってアジアンテイストにしてもいいし、チャーハンに振りかけても意外と合いました。
色なし辛さ控えめの香り高い「カレー粉」といった感じでしょうか?

ミックススパイスを作ることによって、これまであまりなじみのなかったスパイスが少し身近になったのではないでしょうか?
講習ではいろいろなスパイスの役割についてもお話しさせていただきました。

明日行われる「ハーブ&ライフ検定」を受検される方にとってもいくらか手助けとなれば幸いです。
(あ、私も受検しますので、自分のためにも…ね!^_-)

↓ポチ!ポチ!ポチッ!とお忘れなく!
広島ブログにほんブログ村 健康ブログ ハーブ生活へ
いつも応援ありがとうございます^-^

アロマテラピー&メディカルハーブ講座の詳細は・・・
↓こちら↓メインサイト「SUN SHINE」にて

Facebookページへも「いいね」をぜひ♪

よろしくお願いします。m(_ _)m

Comments 0

Leave a reply