花粉の季節に…蒸気吸入とアイパック

[広島ブログ][ハーブ生活][ハーブ園芸]
ランキングに参加してます!


肌荒れのセルフケアとして、フェイシャルスチームが効果的だと昨日のブログ記事でお話ししました。(こちら→)、
そのフェイシャルスチームとほとんど同じ手順で、ハーブに熱湯を注いだ時に蒸気とともに立ち上がる芳香成分を利用する「蒸気吸入」という方法を、花粉症の鼻症状に使うことができます。

使うハーブはペパーミント…

写真はイメージです。
今の季節は生の葉は手に入りにくいでしょうから、ドライのハーブを使います。

ボールにペパーミントのドライを適量入れ、そこに熱湯を注ぎます。
(ペパーミント5gに対し熱湯500㎖くらい)
蒸気が逃げない様に頭からバスタオルをかぶって、深呼吸する様に鼻や喉から蒸気を吸い込むのです。

注意点として、揮発性の芳香成分が目の粘膜を刺激しますので、目は必ず閉じてくださいね。
また、咳ある時や喘息の方は喉を刺激しますので、蒸気吸入は行わないで下さい。


かゆみ、充血など目の症状がひどい時は、メディカルハーブを使ったアイパック(冷湿布)がお勧めです。

使うハーブは、消炎作用のあるジャーマンカモミール
20160311230841cf5.jpg
写真はイメージです。
今の季節はドライハーブを使ってください。

ジャーマンカモミール適量に熱湯を注ぎ、温度が下がるまで抽出します。
(ジャーマンカモミール5gに対し熱湯約500㎖、作り置きせずその都度作って下さい)
ザルでこした抽出液を冷蔵庫でさらに冷やし、コットンかガーゼに浸して閉じた瞼の上から目に当てます。

ただしヨモギやブタクサなどキク科植物にアレルギーのある方は、カモミールアレルギーの可能性もありますので、気をつけて下さい。
その場合はアイブライトを使ったアイパックが良いでしょう。
(手順はカモミールの場合と同様です。)

お手軽にするなら、収れん作用のある「ローズの芳香蒸留水」(市販品があります)を使うと良いでしょう。
20160311233212f45.jpeg
写真はイメージです。

冷蔵庫に入れておくと、いざという時助かりますよ。(^^)

↓ポチ!ポチ!ポチッ!とお忘れなく!
広島ブログにほんブログ村 健康ブログ ハーブ生活へ
いつも応援ありがとうございます^-^

アロマテラピー&メディカルハーブ講座の詳細は・・・
↓こちら↓メインサイト「SUN SHINE」にて

Facebookページへも「いいね」をぜひ♪

よろしくお願いします。m(_ _)m

Comments 0

Leave a reply