花粉の季節に…精油の利用法

[広島ブログ][ハーブ生活][ハーブ園芸]
ランキングに参加してます!

花粉の季節を心地よく過ごすために、生活上の注意点やハーブティーをはじめとしたメディカルハーブの利用方法をいくつかお伝えしました。

生活上の注意点はこちら→
鼻や目の症状が出た時のハーブティーはこちら→
アレルギー体質へのハーブティーはこちら→
ハーブティー以外のメディカルハーブ利用法はこちら→

今日は、精油を使ったセルフケアについて…
まずは、空気清浄への利用です。

ディフューザーなどを使って、精油を拡散させます。
使う精油は、ティートリー、ユーカリ・ラディアータ、 レモン・マートル、ペパーミント、ニアウリ・シネオールなどが良いでしょう。
お手軽にできますよね。(^^)


次に、マスクへの利用方法。
マスクに直接精油を垂らすと精油の種類によっては刺激が強すぎる場合もありますので、あらかじめマスクスプレーを作って吹き付ける方法がお勧めです。
201603122319296a9.jpeg
作り方はとっても簡単!
①スプレー容器に無水エタノールを量り入れます。
(50㎖の容器なら、エタノール10㎖)
ウオッカや日本酒でも作ることができます。
アルコールに弱い方は、食酢で代用すると良いでしょう。
②精油を加えてよく混ぜます。
(50㎖容器で、精油合計が10滴くらい)
③容器いっぱいまで精製水を加えて、よく混ぜれば出来上がりです。

マスクの外側に吹き付け、少し振ってからマスクを顔につけてください。
使う精油はティートリー、ユーカリ・ラジアータ、レモン・マートルなどを単品またはブレンドすると良いでしょう。



鼻の下に塗るクリームも作っておくと便利です。
鼻症状がひどい時に使ったり、皮膚のカサカサ防止にもなります。
20160312225615de9.jpeg
こちらも簡単に作ることができます。
①耐熱容器に植物油(スィートアーモンド油など)10㎖に対しミツロウ2g入れ、湯煎にかけます。
②ミツロウが完全に溶けたら湯煎から出し、精油を1滴加えてよく混ぜます。
③容器に入れ完全に冷めたらフタをします。
(容器はリップクリーム容器でも、軟膏容器でもOK)
使う精油は、ティートリー、ユーカリ・ラディアータ、レモンマートルなど…

精油は自然の植物に含まれているものより、かなり高濃度に濃縮されたものです。
飲用したり原液を皮膚に塗布することがないよう、取り扱いには充分注意してくださいね。

↓ポチ!ポチ!ポチッ!とお忘れなく!
広島ブログにほんブログ村 健康ブログ ハーブ生活へ
いつも応援ありがとうございます^-^

アロマテラピー&メディカルハーブ講座の詳細は・・・
↓こちら↓メインサイト「SUN SHINE」にて

Facebookページへも「いいね」をぜひ♪

よろしくお願いします。m(_ _)m

Comments 0

Leave a reply