梅仕事その後とビワのコンポート

[広島ブログ][ハーブ生活][ハーブ園芸]
ランキングに参加してます!

今週月曜日に行った、今年の梅仕事。
月曜日、ブログ更新のあとせっせと塩漬けしました。
大きな梅坪に、塩、梅、塩、梅、塩、梅…と重ねていき、8キロの梅を全て入れ終えた時には、大きな梅坪の口の辺りまでいっぱいになりました。

よく考えてみたら、8キロの梅は過去最高かも…

昨年は減塩にし過ぎて、途中カビかけたので、今年はまた元に戻して20%の塩分です。
減塩じゃなくても、1回に食べる量を減らせばいいことだし…


塩分を多くしたせいか、翌日にはたっぷりの梅酢が上がっていたので、重石を半分に減らしました
201706222322344a5.jpeg
こちらは今朝の様子ですが、もういつでも紫蘇を入れてもいい感じです
紫蘇を塩もみして梅酢に入れるのもひと手間かかるので、時間に余裕がある時には決行しようと思います。


さて昨日は、実家の母からビワがたくさん届きました。
早速1つ味見した後、喉がイガイガに!´д` ;

数年前からリンゴやサクランボなどバラ科の果物で起こるこの現象は、花粉症がある人に起こりがちな口腔アレルギー症候群(OAS)と呼ばれるものですが、私は同じバラ科でもイチゴやナシは大丈夫なので、ついうっかり油断してしまいました!

ただ、これらの果物も加熱すれば大丈夫なので、夫と娘に生のビワを少し味わってもらったあと、残りのビワをコンポートにすることにしました。


ビワを半分に切って、種と皮を取り除き、水と砂糖と共にグツグツ20分くらい煮込みました。
20170622232243ff0.jpeg


砂糖は甜菜糖を使っているので、茶色っぽく仕上がりましたが、味はとっても美味しい♪
201706222322370a2.jpeg
もちろんイガイガしませんよ。(^^)
コンポート液も、炭酸で割って飲むと美味しいです♪


ちなみにビワの葉は枇杷葉と言う生薬で、消炎、嘔吐、排膿のために用いられます。
種子は枇杷仁と言って、アンズの種子からとれる杏仁水という咳止めの代用としても使われるそうです。
枇杷の種子を使って杏仁豆腐様のものもできるそうですが、アミグダリンという青酸配糖体を含んでいるので、過剰摂取に注意する必要があります。

↓ポチ!ポチ!ポチッ!とお願いします!
広島ブログにほんブログ村 健康ブログ ハーブ生活へ
いつも応援ありがとうございます^-^

アロマテラピー&メディカルハーブ講座の詳細は・・・
↓こちら↓メインサイト「SUN SHINE」にて

Facebookページはこちら↓
SUN SHINEハーブスクール
「いいね」をありがとうございます(#^^#)

Comments 2

さっちさん

梅仕事、とびわ

梅漬の塩分、15パーセントなら、常温でかびません。
30年余り漬けていますが失敗がありませんよ。先週、私も、枇杷のコンポートを作りました。枇杷、砂糖、レモン絞り汁、水は入れません。
少し置くと、水分が出てくるのです。ブログ楽しませていただいてます。

2017-06-23 (Fri) 09:09 | EDIT | REPLY |   

ようよう

さっちさんへ

ご訪問&コメントどうもありがとうございます。
梅の塩分、15パーセントでも良いかな…とも思ったのですが、用心して…(^_^;)
様子を見ながら少しずつ減らして見ようと思います。

コンポートの作り方は、調べると10人十色、いろいろ違いがありましたた。水は使わずワインで煮る方法もありましたが、ワインが無かったので…

砂糖とレモン汁だけでも良かったんですね。
次作る時の参考にさせていただきます。(^。^)

2017-06-23 (Fri) 10:28 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply