FC2ブログ

漢方製剤「紫雲膏」を作りました。

[広島ブログ][ハーブ生活][ハーブ園芸]
ランキングに参加してます!

昨日は、広島漢方研究会の定例研修会に参加しました。
10月に続いて2回目の参加です。

今回は、漢方薬についての講義のほかに製剤実習がありました。
作ったのは「紫雲膏」という軟膏です。

「紫雲膏」は、ひび、あかぎれ、しもやけ、火傷、擦り傷などに使われる軟膏で、我が家でも市販薬を常備しており、何かとお世話になっています。

生薬の紫根と当帰、ごま油、豚脂、ミツロウを原料として作りますが、今回は薬局製剤指針に記載のものとは別の方法で作っているそうです。
いずれにせよメディカルハーブ製剤の軟膏の作り方とは全く違い、大変興味深いものでした。

今回ご指導してくださった先生が1週間前からごま油に紫根と当帰を漬け込んでおいたものを使用。
すでに紫根の色がしっかりと出ています。


紫根には、硬紫根と軟紫根があるそうで、漢方薬として使われるのは硬紫根の方です。
201712111433418b0.jpeg
名の通り硬いしっかりした根です。
今回はこちらを使っています。

一方軟紫根はペラペラですが色は良く出るそうで、染料に使われるとか…
20171211143343c89.jpeg
(紫根を使った染物もしてみたいので、こちらにも喰いつく!笑)

豚脂としては、市販のチューブ入りラードを使用しました。
あらかじめ酸化防止剤(ビタミンE)が添加されています。
20171211143259449.jpeg
(ちなみにラードは代表で私が量りました!)


紫根と当帰を漬け込んだごま油にラードを加え、170℃くらいの高温で成分をしっかりと抽出するため、直火で加熱します。
まるで天ぷらを作っているよう!ww
201712111433015a5.jpeg
20分くらい加熱して、生薬が浮いてきて煙が立ち始めたら一旦火を止めます。

網ジャクシでざっと生薬だけすくい…
20171211145350ff7.jpeg
(コレ、あとで味見しました。当帰がサクサクして美味しかった!)

さらにザルでこして…
201712111433012ec.jpeg

ミツロウを加えて再加熱
201712111433020d4.jpeg
ミツロウ、大きい‼️
私が普段使うのはペレット状のものなので、こんな塊のものは初めて見ました。

ミツロウは融点が60℃くらいなので、あっという間に溶けます。
完全に溶けたらよくかき混ぜながら冷まします。
2017121114330432f.jpeg
鍋の温度が冷めるにつれ、だんだんとトロ〜リとして…

201712111433433a0.jpeg
程よい固さになったら出来上がり!
ゆっくり時間をかけてて冷ます事と、よく混ぜる事が滑らかな軟膏を作るポイントだそうです。
2017121114334589a.jpeg
各自で軟膏ビンに詰めました。
参加者はほとんど薬剤師なので、この辺の作業は早い!

20171211143346f02.jpeg
キレイな赤紫色の「紫雲膏」です。
香りも市販のものに比べてマイルドで、使い勝手が良さそうです。

そういえば、○十年前薬科大学に入学した時、漢方研究部の方が新入生に「紫雲膏」を配ってくれました。
一人暮らしを始めたばかりの私は、この軟膏に何度となく助けられたような気がします。
娘が将来もし一人暮らしをする事になったら、手作りの「紫雲膏」を持たせようかな。(^^)


今年を締めくくるイベント出店を2つご案内します。


その1)
『宮島街道ふれあい祭り』

【日時】
12月17日(日)10時から15時まで
【場所】
ファミリータウン広電楽々園店(広島市佐伯区楽々園マダムジョイ隣)

*2ヶ月に一度行われているイベントで、これまでハンドメイドグループskyメンバー有志が何度か出店していますが、今月は私SUN SHINEも参加させていただきます。
*ステージでの催し物もある楽しみなイベントです。

その2)
『廿日の市』

【日時】
12月20日(水)8時から11時半まで

【場所】
廿日市市役所前広場

*毎月20日に行われる朝市です。
*新鮮野菜や地元特産品など沢山のお店が出店します。
*今月もskyメンバー有志で出店します。


リースなどクリスマス作品のセールをする予定です。
ぜひ遊びに来てくださいね〜(^-^)/

ランキング参加中↓ポチ!ポチ!ポチッ!とお願いします!
広島ブログにほんブログ村 健康ブログ ハーブ生活へ
いつも応援ありがとうございます^-^

↓アロマ&ハーブ講座の詳細は↓


Follow Me ">20171116221106bb3.png Follow Me Facebook ページもチェック">20171116221105507.png Facebook ページもチェック

Comments 4

晴れ

液体だったものが,いろんな過程を経て軟膏になるんですね。
初めて聞くようなものばかりですが,効くんでしょうね~(笑)
奥の深い世界だと思います。

2017-12-11 (Mon) 17:17 | EDIT | REPLY |   

ようよう

晴れさんへ

コメントありがとうございます。
写真だけ見たら、まるで何か料理を作っているみたいでしょう?笑

私は、予防にはハーブやアロマのクリーム、ちょっとした傷や火傷などの治療には漢方のこの「紫雲膏」を使ってます。
はっきり「効きます」って言えるものですよ〜
(ちなみにハーブやアロマは法律上「効きます」って言えないんですよ!)

2017-12-11 (Mon) 18:19 | EDIT | REPLY |   

itatchi

わぁ~、なんだか効き目がありそうな色合いですね(笑)
ちょっと見かけないこのパープルが、意味深いような。
ハーブとかスパイスとか、薬草とかは、無条件に身体に良い気がします。

2017-12-11 (Mon) 22:36 | EDIT | REPLY |   

ようよう

itatchさんへ

コメントありがとうございます。
itatchさん、さすが鋭いご指摘です。
この紫の色はシコニンと言って、コレが薬効をもたらしているんですよ。
ハーブや生薬など植物に由来するものは、「色」が重要な役割を果たしている事が多いですね。
ただ植物性のものでも中には毒性が強いものがあるので、要注意!
普通に食品として出回っているものなら安心ですけどね。

2017-12-11 (Mon) 22:56 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply