今の季節にお勧め!エキナセアのチンキとハーブティー

[広島ブログ][ハーブ生活][ハーブ園芸]
ランキングに参加してます!

このところブログの更新回数減っていますが、私は変わりなく元気ですよ!
(時々心配されるので…笑)
この間何をしていたかについては、また後日お話しすることとして…


さて本日は、生活の木・パセーラ広島店での「メディカルハーブコーディネーター養成講座」の2回目を行いました。
今回は、メディカルハーブに含まれる機能成分と作用について、6種類のハーブのプロフィールについて、そして実習としてエキナセアのチンキとセントジョンズワートの浸出油を作りました。

エキナセアは、北米の先住民が古くから伝染病や毒蛇に噛まれた時に使っていたハーブで、私たちが持っている「免疫力」を高める働きのあるハーブです。


こちらは、昨年夏に我が家で咲いたエキナセア・プルプレア
20180128221533aa0.jpeg
エキナセアの名はギリシア語のエキノース(ハリネズミ)が語源であるように、花の中心部は針のようにトゲトゲしていて触るとチクチクします。

エキナセアのドライハーブをウォッカに漬け込み、ハーブの機能成分を抽出したものが「チンキ」です。
201801282226141bb.jpeg
これは、自宅用に1週間前に仕込んだものです。

ハーブティーでは、ハーブに含まれる水溶性の成分しか抽出出来ませんが、チンキはアルコールを使うため水溶性の成分だけでなく脂溶性の成分も抽出されるので、より多くの種類の機能成分を体に取り入れることができるのが大きな特徴です。

2週間抽出した後ハーブを濾して保存ビンに入れ、約一年間保存することができます。
ハーブティーやお湯に数滴垂らして飲用します。

免疫力のアップが期待できるエキナセアは、風邪やインフルエンザが流行る今の季節、しっかり取り入れたいハーブですね。

我が家でも娘の受験が近づいて来たので、少し前からエキナセア強化週間を開始しました。
ハーブティーは、ほうじ茶のような味わいがあるので、食事の時に飲むお茶にブレンドして家族で飲んでいます。
漫然と連用せずに、気になる時期にピンポイント(8週間以内で)でしっかりと飲むのが良いようです。

セントジョンズワートの浸出油については、また明日以降お話ししますね。

ランキング参加中↓ポチ!ポチ!ポチッ!とお願いします!
広島ブログにほんブログ村 健康ブログ ハーブ生活へ
いつも応援ありがとうございます^-^

↓アロマ&ハーブ講座の詳細は↓


20171116221106bb3.png Follow Me 20171116221105507.png Facebook ページもチェック

Comments 0

Leave a reply