FC2ブログ

12月広島漢方研究会月例会

ランキングに参加してます!
[広島ブログ][ハーブ生活][ハーブ園芸]
この前の日曜日は広島漢方研究会の月例会で、広島駅北の薬剤師会館に行ってきました。
1時間目の漢方基礎講座は、前回に続いて腎虚について。
五行で言うと、冬は腎を悪くしやすい季節です。
漢方で考える「腎」とは、西洋医学で言う腎臓としての働きだけでなく、生殖器系、ホルモン系などの機能にももかかわり、生命維持機能として働く場所です。
いろいろな症例をあげ、どのような漢方薬を選べば良いのかを学びました。
2限目は、吉益東洞著「薬徴」解説で「大黄」について学びました。
大黄は、緩下作用を持つ生薬です。
中国産の馬蹄大黄などを見せていただきました。

日本では大黄は自生していませんが、同属の類似植物のスイバの根茎も黄色で大黄と同様にアンスラキノン類のセンノサイドなど含有していると思われます。

赤い茎をジャムにする「ルバーブ」は食用大黄と呼ばれる同属の植物で、やはりセンノサイドを含むので、食べ過ぎると便が緩くなります。
余談ですが、スイバの根元の茎をジャムに出来るそうですね。
午後からの3時限目は、和田東郭について。
和田東郭は、吉益東洞などに学び、のちに御医になった江戸時代の漢方医です。
昼食後の授業ウトウトする場面も多くて…(ー ー;)
4時間目は、漢方製剤の実習で、杞菊地黄丸を作りました。
六味丸に枸杞と菊花を加えた処方で、腎虚で目のかすみなど眼症状がある場合に使います。


それぞれ計量し、よく混ぜてから粉砕します。

ふるいにかけてから、温めた蜂蜜に少しずつ混ぜていきます。



混ぜる手がだんだん重くなってくるので、途中から男性陣に交代!

よく練って団子状になったら、皆で1個2gの大きさになるように丸めていきます。

実は私、この製剤を2週間くらい前から薬局で購入し服用中!
気持ち多めにいただいて帰りました。
少し柔らかめの丸剤で、大きさもそこそこあるので、服用時は少しずつかじって食べます。
しばらくの間は、作った製剤に切り替えどの様に効果があるか試してみたいと思います。
ランキングに参加してます!
いつも応援ありがとうございます^-^
広島ブログ

にほんブログ村 健康ブログ ハーブ生活へ
↓アロマ&ハーブ講座の詳細は↓

20171116221105507.png 20181002122831570.png 20171116221106bb3.png Follow Me

Comments 0

Leave a reply