へんてこなフラミンゴ

先週のキッズアート教室の作品です。

最初に、先生が大型絵本の読み聞かせをし、そのあとで印象に残った場面をキャンバスの切れ端に描きました。

文章の多い長い話だったので、読み聞かせと言っても絵をパラパラめくっていったという感じで内容はよくわからなかったのですが、どうやら白いコウノトリが赤い池で水浴びをしてフラミンゴのようになったようなお話でした。
へんてこなフラミンゴ
←この本なのですが、今度ぜひ、きちんと読んであげたいな。
・・・っていうより私が詳細を知りたいのですが。(笑)

娘が描いたのは、コウノトリが夕空を飛んでいる様子。

遠近法のことをちょっと勉強したので、「小さい(黄緑色の)山は遠くにあるんだよ」などと教えてくれました。^^

広島ブログ

Comments 0

Leave a reply