FC2ブログ
LINE公式アカウント始めました!


マーシュマロウのチンキ剤

ハーブ・コーディネーター養成講座のテキストの中で、気になっているものがもう1つあります。

それは、ハーブのエキスをアルコールで抽出する「チンキ剤」

お湯でエキスを抽出するのが「ハーブティー」ですが、チンキ剤だと水に溶けにくい脂溶性成分も引き出すことができるのです。

作ったチンキ剤は、ローションを作る時などに使われます。

今までハーブローションを作る時は、精油を買って使っていましたが、チンキ剤だと自分で育てたハーブで手軽にできるので、試してみたかったのです。

使ったのは、マーシュマロウの花。

粘液物質を含んでいるので、荒れた肌の修復に良いそうです。
摘み取った花をざるに広げて影干し、1週間もすればほどよく乾燥します。

それを瓶に詰め、ウォッカを注いで冷暗所に2~3週間置き、毎日よく降って熟成させればチンキ剤の出来上がり!

ってことは、ローションが作れるのは9月の終わりごろですね。

う~ん!楽しみだわ~♪

ついでに、講座テキストの付録で送られてきたドライハーブの中から、カモマイルもウォッカに漬けこみました。
カモマイルの精油はとても高価でなかなか手が出ないので、こうしてチンキ剤で代用できると嬉しいですね。^^


広島ブログ
応援ありがとうございます^-^

Comments 0

Leave a reply