校長先生への手紙

娘が通う小学校の校長先生が、先日還暦のお誕生日を迎えられ、今年度限りで退職されるそうです。

それで、娘は昨夜「お誕生日のお祝いのお手紙を渡したい♪」と、自分の机のところで何やら一生懸命書いておりました。


・・・と、ここで 【注】!!

この机、3年前に購入してからどんどん置くものが増え始め・・・
つい2~3日前までは机というより、ただの物置き場となっていて、とてもここでものを書くような状態ではなかったのですが・・・
ある日突然自分からさっさと片づけ始め、あれよあれよという間にこんなにスッキリと片付きました。
こうしてブログに載せるような姿になったのは、この机が完成した時(その記事はこちら)以来だわ~~^m^


余談はさておき・・・・
しばらくして、「字の間違いがないか確認して!」と見せてくれたのですが、その内容は・・・


『・・・60歳になったと知ってびっくりしました。48歳くらいだと思っていました・・・
・・・いつもニコニコしていた校長先生が大好きです・・・・
・・・お別れだと思うととても悲しいです・・・・(一部表現が違ったかもしれませんが)』

本当に若々しく、いつもにこやかな校長先生で、きっとたくさんの生徒さんから慕われていたのでしょう。
娘の話によると、ここ数日クラスでも何人かの友達が手紙を渡しているそうです。
私は直接話をしたことがありませんが、やはり娘が入学した時からの校長先生なので、お別れとなるとなんだかさみしい気がします。


娘は「思った気持をそのまま書いたけどよかったかなあ~
うまく渡せるかなあ~」などと気にしているので・・・

「もし私がこんな手紙をもらったら、とっても嬉しいよ。
恥ずかしくていろいろ言えなかったら、『これ読んで下さい』だけでも良いから頑張って渡しんさいよ~」

と励ますと、
「明日が楽しみ♪」と安心して寝ました。

さてさて、今日ちゃんと渡せたかしら?
どんな顔して帰ってくるか、私も楽しみです。^^

広島ブログ
応援ありがとうございます^-^


Comments 0

Leave a reply