フェンネルの収穫

これから日増しに寒さが増して来そうなので、庭のフェンネルを根元からバッサリ切って収穫しました。

フェンネルの実は夏を過ぎた頃から実りはじめ、今年3回目の収穫となります。

寒いこの時期になると虫もほとんどつかないので、安心して放っておけるので、これまでの収穫分に比べふっくら大きい!

これをざっと洗って乾燥し、実を一粒一粒外して保管しておきます。







夏に咲いた花はこんな感じ・・・



花は切り花としてあるいはドライフラワーとして利用できますが、とりすぎると実があまりできなくなるので注意!


フェンネルは魚料理やピクルスなど料理にも使われることも多く、消化を助け口臭を消す働きがあります。

インド料理店でレジの横に置いてあって、見かけたり食べたことのある方も多いはず。

ウイキョウとも言われ、漢方薬にも使われている生薬でもあり、市販の胃薬に含まれているものもあります。

メディカルハーブとしては、消化を助けるというほかに、お腹の張りや痛みを和らげたり、風邪の時の痰がからまる咳を和らげます。

とても甘い味わいなので、飲みにくいハーブティーや子供が飲むときの味付けに使われることもあります。

ザルに入れて乾燥させていると子供がつまんで食べたりすることも・・・・^^;


庭に植えると1.5mくらいの大きさに育ち、ひと株でもたくさんの実が収穫できるので重宝しています。

収穫量は少なくなりますが、大きめのプランターや鉢でも育てられますよ。

皆さまもぜひお試しくださいませ。^^

広島ブログ人気ブログランキングへにほんブログ村 健康ブログ ハーブ生活へ

応援ありがとうございます^-^

Comments 0

Leave a reply