八朔ジャム

久々のブログ更新となってしまいました。
訪問して下さった皆様、大変申し訳ありませんでした。m(__)m


さて、先日親せきから大量の八朔をいただきました。
どのくらい大量かというと、段ボールいっぱい!・・・30個くらいはあるでしょうか?

まっ、皮をむいてひたすら食べれば良いのですが、ご承知のとおり八朔の皮はとても厚く、こたつで手軽に食べるわけにはいかないので、ついついそのままに・・・

これではいかん!と、意を決してジャム(マーマレード)を作ることにしました。

とりあえず3個で作ってみることに・・・
(これじゃ、ほとんど減らないんですけどね。)




まずは、皮をむき、実を取り外し・・・と、やはりこの作業は避けては通れないようです。^^;


そして、皮に付いている白い部分を取り除いた方が苦みが少なくなるようなので、スプーンを使ってそぎ取ります。

ただ柑橘類の皮に付いているこの白い部分は、へスペリジン(ビタミンPとも言われる)というポリフェノールの一種である成分を含みます。

これは抗アレルギー作用や抗炎症作用のあるものなので、あまり取り除き過ぎるのもどうかと思い、少し遠慮がちにそぎ取りました。

この皮を細く刻んで、ひたひたの水を加えて沸騰させ茹でこぼす・・・といった作業を3回繰り返してアクを取り除きます。




これを、最初に取り出しておいた実と合わせ、総量の約半分の砂糖を全体にまぶして1時間ほど置いておきます。

そうすると八朔の実から水分が出てくるので、火にかけ約1時間コトコト煮て出来上がり♫
(仕上がりがちょっと茶色っぽいのは、てんさいオリゴ糖を使っているため。)

小振りの八朔3個で、ジャム瓶3個分出来上がりました。




パンに塗っても良し、トップの写真のようにヨーグルトに混ぜても良し、お湯で薄めてゆず茶のようにして飲んでも美味しい♪

皮の白い部分を少し残したのでほろ苦い味ですが、うちの家族はみんなこの苦みは平気なので、次回はほとんど取り除かずに作ってみようかな?
(その方が手間がかからないし・・・^^)

広島ブログ人気ブログランキングへにほんブログ村 健康ブログ ハーブ生活へ

応援ありがとうございます^-^

Comments 0

Leave a reply