種まき、遅れを取り戻せ!!

春の種まきは大体いつも5月中に終わらせるようにしているのですが、今年はイベントや講習などが重なり大幅に遅れています。
5月に行われた雑貨市用に4月に種まきをし、それっきりになっていたので、残りの種まきを先日やっと済ませました。


こちらはポット蒔きのコーナー。
比較的大きな種や移植により根を痛めやすい直根草(根が枝分かれせず、1本太い根があるもの)は、直接黒ビニールポットに蒔いていきます。
朝顔、ひまわり、風船カズラ、初雪草、紅花、ボリジ、棉花、オクラ、アーティチョークなどをこの方法で蒔きました。
20140603.jpg




こちらは箱まきのコーナー。
小さい種や発芽率がよく移植しても平気なものは、まず小さな箱に蒔いてから、ある程度芽が出そろったところで間引きし、本葉が出てきたら黒ビニールポットに移植して苗を作ります。
ペチュニア、ヘリクリサム、センニチコウ、マリーゴールド、鑑賞とうがらしをこの方法で蒔きました
20140602.jpg

すでに気温が十分に上がっているせいか、早いものは3日目に、そのほかのものも1週間たたないうちにほとんど発芽しています。
発芽までかかる日数は、種の入っている袋に目安として書かれているのですが、大体1週間から10日くらいのものが多いので、今回はかなりのスピードアップ発芽!すごい!!

かなり出遅れてしまった私の庭仕事を、植物のほうが助けてくれているようですね。

おかげで、「芽がまだでないぞっ!!」っていうイライラ感がないのが嬉しい♪
遅れて蒔くのもいいもんだわ~~

この時期に蒔く植物はドライフラワーにするものも多いので、秋のリース作りのためにもこの調子でぐんぐん育ってほしいものです。
がんばれ~~~!!!(^O^)/

広島ブログ人気ブログランキングへにほんブログ村 健康ブログ ハーブ生活へ
応援ありがとうございます^-^


Comments 0

Leave a reply