セントジョンズワートの浸出油

先日セントジョンズワートについて少しだけお話ししましたが、このメディカルハーブはハーブティーとして飲む他にもこんな使い方もあるのですよ。


植物油(今回はマカダミアナッツ油を使用)に漬け込んでいるところです。
20141026000741c0d.jpg
これを1日1回降り混ぜて、2~4週間たったら、セントジョンズワートの成分が植物油に溶け出してきますので、ガーゼなどで濾せばセントジョンズワートの浸出油が出来上がります。

「セントジョンズワートオイル」として、販売されているものもありますが、このようにすればご家庭でも手軽に作ることができるんですよ。^^V

で、この浸出油を何に使うかというと・・・・


肩こりや筋肉痛の時のマッサージオイルとして使います。

そのまま使ってもいいし、他の植物油と混ぜたり、ラベンダー、ペパーミント、スウィートマジョラムなどの精油を加えて使ってもOK。


お風呂上がりに肩やふくらはぎなどを、ゆっくりとセルフマッサージするのが、私のリラックスタイムなんですが、ちょうどいま切らしているので、早く浸出油が出来上がらないかなあ!




☆メディカルハーブ、アロマテラピーについて、基礎からじっくり学びたい方は、
こちら⬇︎⬇︎のメインサイトの「SUN SHINEハーブスクール」をご覧くださいね。




☆10月29日(水)開催の「ナチュラル素材のカラフルなバスソルト作り」は、まだ空席ございます。
初心者向きアロマライフ講習会ですので、どうぞお気軽に参加くださいませ。(o^^o)
詳細はコチラ↓↓をクリック!!
SUN SHINEハーブスクール講習会のご案内

広島ブログ人気ブログランキングへにほんブログ村 健康ブログ ハーブ生活へ
応援ありがとうございます^-^

Comments 0

Leave a reply